« 秋の榛名湖・榛名神社(その1) | トップページ | 秋の榛名湖・榛名神社(その3 おわり) »

2010年11月13日 (土)

秋の榛名湖・榛名神社(その2 )

榛名山は湖を取り巻くいくつかの山々を総称したもの。噴火した榛名富士1391m、烏帽子岳1363m、鬢櫛(びんぐし)山1350m、天目山1303m、掃部(かもん)ヶ岳1449mその他。


ホテルからは湖をはさんで西に烏帽子岳や鬢櫛山が良く見える。1000m程度の湖畔から300m程度登れば山頂だ。車椅子でなければひとっ走りできるのに。


宿のフロントに売店で一番売れ筋の土産物を聞いたら
1番はワカサギの佃煮、2番はシイタケのピリ辛煮という。あまり旨そうでもなく別のもの、下仁田ねぎの辛子味噌和えを買う。
朝食のバイキングになめこ汁・ワカサギの佃煮・しらす干しを食べる。うまかった。ご飯もうまかった。
昨日の福祉タクシーが迎えに来るまで宿の近くを散策。
湖面には靄が立ち、ワカサギ釣りの船がちらほら。1000mの朝の空気はうまい。


榛名神社は1400年前から修験の場所。
石畳の参道を行くと石段になり本殿へ、車椅子は無理なので右に榛名湖へ続く山道を行ってみる。
神社と榛名川の右岸の間を少し上流に辿る。裏街道の番所跡が復元されてある。かって江戸末期には上州国定忠治が通ったかなと連想。佐伯泰英の「夏目影二郎始末旅シリーズ」の読み過ぎかな。
榛名川は昭和の建築文化財の堰堤で堰き止められ、道は山に向かって登る。車椅子はここまででユーターンする。


昼食は高崎駅ヤマダ電機ビル内の中華「上海華龍」で2000円のコースと紹興酒で。二日間の天候に恵まれた散策を祝う。
019
レークサイドゆうすげ
0201363
早朝の烏帽子岳1363m
024
朝の湖畔の紅葉
025
榛名川の紅葉、左上は神社
Photo
番所跡、道は山に
027
榛名川の砂防堰堤

« 秋の榛名湖・榛名神社(その1) | トップページ | 秋の榛名湖・榛名神社(その3 おわり) »

妻のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の榛名湖・榛名神社(その2 ):

« 秋の榛名湖・榛名神社(その1) | トップページ | 秋の榛名湖・榛名神社(その3 おわり) »