« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月22日 (金)

ディサービスの敬老祭

今年も18()敬老の日に遅れて21()ディサービスで敬老祭が行われた。
参加者は43名。
午前中に入浴を済ませ、昼食は赤飯の盛られた「お祝い御膳」を食べる。
P9210002
P9210001
P9210004

いよいよ「2023年敬老祭」の始まり始まり。
S
さんの司会で所長挨拶のあと、職員5名による大喜利
問題は「18才と81才の違いは」「行きたくないディサービスとは」などなど。答えのいい人には座布団ならぬ畳んだタオル1枚。爆笑と拍手が絶えず。
P9210013
P9210007
次は職員による昭和歌謡ショー
S
さんは「上を向いて歩こう」、Kさんは「時の流れに身をまかせ」を、高橋真梨子の「for you」をMさんが感情を込めて、トリはHさんの「少年時代」
皆さんプロ並みの歌を聞かせてくれました。
P9210015
お祝い年の表彰に移り、卒寿の方1名、米寿の方1名の表彰後、くす玉割となり「敬老の日いつまでもお元気で」のテープが垂れる。
P9210031
所長の終わりの挨拶で拍手のうちに敬老祭は終了した。

全員に粗品が配られた。エコバッグだった。
P9210032
T
さんと日傘の下で記念撮影、来年も曜日が合えば参加できるかも。
P9210003

2023年9月 6日 (水)

南のかた夜郎(やろう)に流されて内(つま)に寄す 李白

755年安史の乱が起こり李白は金陵(南京)―廬山と逃れたが、尋陽で捕まり牢獄に。
はるか南の地、夜郎(貴州省北部)に流罪となり、その途中の作、7598月、白帝城付近
で恩赦を知る。宋夫人に送った詩。

夜郎の天外離居を怨み
名月の楼中音信疎なり
北雁(ほくがん)春に帰って看()すみす尽きんと欲す
南来(なんらい)に得ず豫章の書

わたしは天の涯なる夜郎へと流され、お前と離れた暮らしを嘆いている。
名月が高殿を照らしているが、お前からの手紙は長く途絶えている。
北から来た雁も春には帰って行き、その姿もまもなくみられなくなる。
豫章にいるお前の手紙を、南の夜郎まで運んでくれない。

(
(つま)) 李白晩年の妻宗氏
(
寄す)離れた人に送る事
(
天外)この世の果て
(
離居)妻と離れて暮らすこと
(
)手紙があまり届かないこと
(
北雁(ほくがん))北からの手紙を運ぶ雁、前漢時代、将軍蘇武の故事による
(
南来) 南へ雁が帰っていくこと
(
豫章の書)豫章は江西省南昌市、妻宗氏がいたところ、豫章からの手紙

詩吟

33261_20230906154801

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »