« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月27日 (金)

7回目のコロナワクチン接種

市役所から7回目のワクチン接種案内が来たので、今日27Nクリニックで接種した。
N
クリニックは始めて行った。待合室は狭く、診察室へは車椅子で行きにくいのか、医者が注射針を持って待合室まで来てくれて右腕にズブリ。
受付の人は「7回目ですから、このままお帰り下さい。」と。
注射後、数分間安静の必要はなかった。

最近、新聞の投書欄に7回目の接種後コロナに罹った人の話が載っていた。
ワクチン接種済みと云っても、マスク着用はしばらく続けていこう。
1
回目2021/5/28 ファイザー

2回目2021/6/30ファイザー
3
回目2022/2/9武田/モデルナ
4
回目2022/7/15ファイザー
5
回目2022/11/11コミナティ(2:BA.4/5)
6
回目2023/5/17コミナティ(2:BA.4/5)
7
回目2023/10/27コミナティ(1:オミクロン株XBB.1,5)
と接種した。

2023年10月17日 (火)

2023年のコルチカム

10月に入り、ふと庭を見たら白いコルチカムの芽が出ている。
今年も球根に異常なく元気に伸びだした。ありがとう。

この花は15年前2008年に亡くなった妻が、200510月竹村グループの皆さんと菅平高原へきのこ狩りに行った時、農家の庭に咲いていたので球根を頂き、我が家の庭に植えたもの。
当時は、おのおの夫婦連れで定年後の生活をエンジョイしていた。春は山菜取りに夏は軽井沢近辺やハイキングを秋はキノコ採りと紅葉の散策にと親交を温めていた。

10
数人のグループだった。今や皆さんそれぞれ自適の生活を送ったり、あの世に招かれたりと顔を合わせる機会はなくなった。コルチカムだけは変わることなく季節になればきれいな花を咲かせてくれる。

亡き妻もどこかから見て楽しみ喜んでいてくれるだろう。

Pa060005
10月6日
20231008
10月8日
20231012
10月12日
Pa150002
10月15日、雨で倒れた
Pa170003
10月17日、かなりの茎が伸びている

 

2023年10月15日 (日)

令和5年度高齢者のつどい

10月13日市民会館大ホールで市の敬老会が行われた。
75
才以上の後期高齢者が26千人と多いので市内を4区分し、それぞれ参加者を募集。
私は13日の午前11時からの集いに参加した。約千人位の参加者か。
ちなみに立川市の100才以上の方は77名、そのうち女性は75名で女性の長寿を証明している。

市長祝辞のあと民生児童委員合唱隊が栄光の架橋と 365日の紙飛行機の美声を聞かせてくれる。
いよいよ漫談家中山しんじさんの司会で歌謡ショーになる。
今年は田川寿美さんと鳥羽一郎さんだ。当初、山川豊さんが出演の予定だったが体調不良で兄の鳥羽一郎さんとなった。
1時間2人の歌と語りの歌謡ショーを楽しんだ。

田川寿美さんの歌った曲は
女・・・ひとり旅、心化粧、下田の椿、
美空ひばりシリーズ数曲、お祭りマンボ 港町十三番地ほか
鳥羽一郎さんの歌った歌カサブランカグッバイ  海の匂いのお母さん 男の港
船村徹シリーズを数曲、別れの一本杉 ごきげんよう達者だね 王将 女の出船 風雪ながれ旅 兄弟船 みだれ髪

最後はデュエットでいつでも夢を
鳥羽一郎さんは歌手デビューした次男木村徹二さんの宣伝をしていた。

一階の最後列は車椅子利用者と介助者用で8組満席だった。
みなさん満足して帰られたと思う。

Pa130001_20231015160701

Pa130003_20231015160801

Pa130004

2023年10月 7日 (土)

秋晴れの墓参り

秋の彼岸には行けなかったので、秋晴れの今日、新人ヘルパーYさんと墓参。
少し北風はあるものの空は青く澄み渡り、絶好の墓参り日だ。
途中、スーパーでお花とお線香を求める。
Pa070003

境内には数人の参拝客。墓石をきれいにし、線香に火をつけて、菊が多いお花を飾る。
手を加えただけ墓も見栄えがする。
故人の冥福と現世の縁者の無事を祈る。すべての人に幸あれ。

境内には残りのヒマワリが黄色をひけらせ、休眠中のアジサイは緑葉の状態。
今年も残り三ヶ月となり、年内にもう1回来たいものだ。
Pa070008
Pa070011

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »