« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月 5日 (金)

令和6年新春吟詠二日目

新春吟詠二日目は1月3日のNHKFMで9:40~9:55の予定であったが、「第100回東京箱根間往復大学駅伝競走」を放送している。新春吟詠はどの時間帯かなと調べると4日の同じ時刻に変更となる。4日はディサービスに行ったので帰宅後らじる★らじるで聞く。
相変わらず師匠方々の美声に聞き惚れた。

「和歌 敷島の」 本居宣長

敷島の やまと心を 人とはば朝日に匂ふ 山さくら花

 

「雪梅」 方岳

梅有り雪無ければ精神ならず

雪有り詩無ければ 人を俗了(ぞくりょう)

薄暮 詩成って天又雪ふる

梅と併(あわ)せ作()す 十分の春

「事に感ず」  于濆(うふん)

花開けば 蝶 枝に満つ

花 謝(しゃ)すれば 蝶 還(また)稀なり

唯 舊巣(きゅうそう)の燕有り

主人貧しくも 亦(また)帰る

「和歌・後(おく)れなば」 河上弥市

(おく)れなば 梅も桜に 劣(おと)るらん 魁(さきがけ)てこそ  色も香もあれ

 

「新正口号(しんせいこうごう)  武田 信玄

淑気(しゅくき)未だ融(ゆう)せず 春尚お遅し

霜辛雪苦(そうしんせっく) 豈(あに)詩を言わんや

此の情(じょう)()ずらくは 東風に咲(わら)われんことを

吟断(ぎんだん)す 江南の梅一枝(うめいっし)

 

「三樹(さんじゅ)の酒亭に遊ぶ」 菊池 渓琴

(けむり)濃(こま)やかに山淡くして 晴沙(せいさ)に映ず

日(ひ)落ちて春楼(しゅんろう) 細雨斜めなり

朦朧たり 三十六峰の寺

箇箇(ここ)の鐘声 緩やかに花を出()

2024年1月 2日 (火)

令和6年新春吟詠

令和6年の新春吟詠はNHKFM9:409:55に放送された。
朝食はお正月のため遅くし、先ずはラジオを聞く。
プロの発声はいつ聞いてもうっとりする。

「和歌・田子の浦ゆ」 山部赤人

田子の浦ゆ 打ち出でて見れば 真白にぞ 富士の髙嶺に 雪は降りける

「春流(しゅんりゅう)」  北條 時頼

春流(しゅんりゅう) 岸よりも高く

細草(さいそう) 苔よりも碧(みどり)なり

小院(しょういん)人の到る無く

風来たって 門自ずから開く

 

「春の花を尋ぬ」 菅 三品

五嶺(ごれい)蒼々(そうそう)として雲往来す

但(ただ)憐れむ大庾(たいゆう)万株(まんしゅ)の梅

誰か言う春色東(ひんがし)()り到ると

(つゆ)暖かにして南枝花始めて開く


「和歌・石ばしる」 志貴皇子

石ばしる 垂水の上のさ蕨の 萌え出づる 春になりにけるかも

「絶句 江碧(こうみどり)に」  杜甫

江碧にして鳥愈白し

山青くして花然えんと欲す

今春看(みすみす)又過ぐ

何れの日か是れ帰年ならん

 

「同前に和し奉る」     崔恵童

一月(いちげつ)主人笑らうこと幾回ぞ

相逢(あいあい)相値(あいあうて)(しば)らく杯(はい)を銜(ふく)

()に看()る 春色流水のごときを

今日(こんにち)の残花昨日開く

2024年1月 1日 (月)

令和6(2024)年の年頭に当り

新年あけましておめでとうございます。
新しい年がスタートしました。
青空で少し北風の吹く元旦です。いい年になる予感がします。

昨年は個人的には体力が弱り、あまり外出の機会はなかった。週2回の通所施設(ディサービス)はほぼ皆勤に近かった。これは自分を褒めたい。
一昨年12月にコロナに罹患したこと、昨年10月に7回目のワクチン接種したこと、更に前から癖になりつつある便秘などが体力減退の理由かも知れない。便秘気味になると外出しても排泄が気になり、自然と外出の機会を減らしてしまう。
何とか体力を回復し生活を送りたい。

昨年は障害者制度の重度訪問時間が、7月まで590時間/月であったが8月から810時間/月に増え、更に12月からは840時間/月となり、介助者の見守りが空白の時間は無くなり、安全安心したほぼ独居の生活を送れるようになった。

家族縁者の幸せを祈る。

世界に目を転じれば、ウクライナとロシア、イスラエルとパレスチナ、アラブとユダヤ、台湾海峡を含む習近平の覇権などきな臭い問題が集積している。北朝鮮にも目が離せない。
人間の叡智はどこに行ったのか。賢者たちの行動を期待したい。

国内も安定しない。特に政治は同じことを繰り返している。今こそ野党の結集が望まれるのだが。
Pc310002

Pc310005_20240101133601

Pc310003_20240101133601

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »