障害者問題

2024年5月 7日 (火)

車椅子仲間の麻雀会

2024年の大型連休も終わった。
連休中の53日にOさん宅に車椅子の仲間が5人集まり麻雀会を開いた。
この集まりはコロナで中断していたもの。コロナ前は年に一回は開いていた。

仲間の皆は脳性麻痺や頸椎損傷や筋ジスなどのため車椅子利用者だ。介助者と参加だ。
みんな手が利かないので介助者に助けてもらう。
牌を混ぜること、積むこと、取ってくること、捨てること、点棒のやりとりなどすべて介助者にやってもらう。
障害者本人がやることは捨て牌や食う牌を決めること。決めたら介助者にやってもらう。

そんな二人一組麻雀なので進行はのんびりしたもの。ゲームをやっている感覚よりも親善の意味合いが強い。時間を気にすることもなく勝負にとらわれることもなくゆるゆるとやる。
この日も1時に始まり4時半までやった。5人が出たり入ったり面子が時々替わる。
こんな麻雀だが顔を合わせることに、外出することに意味があるのかな。
場所を提供してくれたOさんありがとう。
20240503
バックの野球はTVの画面

2024年2月27日 (火)

4年ぶりの新年会

大分経ってしまいましたが、1/3114時から16時、障害者仲間の新年会が4年ぶりに開かれた。場所は市内のカフェ。(この日は体に異常はなかったがコロナに感染していたと思われる。22日に入院した。)
身体、知的、精神障害者がヘルパーも含め40人ほど集まった。
各自ドリンクメニューから注文し、歓談する。コロナなのため久しぶりに会って話が盛り上がる。
やはり対面で障害の仲間と話し合うのは楽しい。

2023年11月12日 (日)

2023年楽市

今年も去年に引き続き1111日と12日に昭和記念公園緑の文化ゾーンで立川市の市民祭り「楽市」が開催された。今年は寒波襲来で北風の吹く中、時折小雨の中開かれた。
「立川しみん祭」「たちかわ商人祭」「立川市農業祭」「国営昭和記念公園イベント」の同時開催で、私達は「立川しみん祭」で参加した。

私達障害者グループは11日だけ参加し、ブースは「カフェぴあぴあ」の看板を下げて一杯50円のホットコーヒーを提供した。
私はヘルパーと10時半~14時頃まで参加した。ヘルパーにはコーヒー作りを手伝ってもらい、私はもっばら客の呼び込みに。
寒いせいと場所がメインの通りより北端だったため、客の入りは芳しくなかったが、時間とともに三々五々来店してくれた。
1
時過ぎには紙コップがなくなり、その時点で閉店となる。300杯は売れたかな。

天候不順だったが沢山の人たちと交流できた。八王子から家族連れでIさんが来てくれ、東大和市からIWさんが子連れで、地元のISさんも小学2年の息子さんと来てくれた。ありがとうございました。

昼食は商人出店でと思いヘルパーとぶらつくが焼きそばは売れきれ。しょうがないので「みたらし団子」と「大福」で腹の足しにする。北風が強く自転車置き場の穴?に入り立ち食いとなる。
寒空でも会場にいくつか設えられた舞台では元気な歌声、踊りが演じられていた。
来年の快晴を望む。
Pb110006

Pb110003
Pb110004
Pb110005


2023年8月23日 (水)

障害者用Suicaを買う

今まで第1種身体障害者は障害者用Suicaを買うことは出来たが、同伴介助者のSuicaはなかったので、下車駅でその都度清算していた。
私はその清算が煩わしいので、子供用の切符を二枚買って乗車していた。

この度、口コミで障害者と介助者と割引Suicaを購入できることを知り、早速近くのみどりの窓口に行って購入して来た。

JR
東日本のホームページによる詳細は次の通り。
○サービス対象者
第1種身体障害者または第1種知的障害者の大人のお客さま、障がい者本人を介護する任意の1名のお客さま。
2種身体障害者および第2種知的障害者のお客さまはサービス対象外です。
小児の設定はありません。
○購入時の注意点
1.
身体障害者手帳または療育手帳の提示
2.
「障害者用Suica」申込書の提出
3.
障害者Suica(本人)と「介助者Suica」は同時に購入。別々にお求めいただくことはできません。このサービスは障害者1名に対してSuica一組限りとなり、複数お持ちいただくことはできません。
4.
購入時、保証金が本人・介助者それぞれ500円、計1000円必要。
○カードの有効期限
求めた日から1年後の末日まで。有効期限内に更新手続き可能。
○利用可能エリア
首都圏Suicaエリア、新潟Suicaエリア、仙台Suicaエリア、青森・盛岡・秋田Suicaエリア

折角障害者用と介助者用のスイカを買ったので、うまく使って外出の機会を多くしたいもの。

Suica_shogaisha
障害者用
Suica_kaigo
介助者用

2022年11月16日 (水)

三年ぶりの楽市

11月12日と13日三年ぶりに昭和記念公園緑の文化ゾーンで立川市の市民祭り「楽市」が開催された。両日とも秋晴れに恵まれ、親子連れも多く人出は時間とともに賑わった。
Pb120017
「立川しみん祭」「たちかわ商人祭」「立川市農業祭」「国営昭和記念公園イベント」の同時開催で、私共は「立川しみん祭」で参加した。
コロナ感染第8波の恐れがあり、会場周囲はロープが貼られ、出入口は12()は一ヶ所のみ、13()は南北に1ヶ所ずつ計2ヶ所と制限された。
私共の障害者グループも1ブースを借り土曜日のみ参加した。
Pb120006
今年は飲食のブースは禁止となり、例年のコーヒー販売は禁止で、「くじ付きヨーヨー」+おまけの風船となった。
一回100円のヨーヨー釣りは子供たちに大人気で10時にオープンしてから1時頃には完売となる。もっとも準備したヨーヨーは100コ程度と少なかったかも知れない。
Pb120014
各ブースともそれなりに人を集めていたようだ。土曜日で数万人の人出かな。
Pb120011
Pb120012 

2021年11月28日 (日)

A小学校3年生との交流

11月26A小学校3年生と福祉交流をした。
ゲストテイチャーは視覚障害者のTさん、車椅子利用のOさん、Iさんと私の4人。Iさんはトーキングマシンを使っている。

学校側のねらいは「交流を通して障害をもった方を知る。」である。

午前中二クラスと交流し給食昼休みをはさんで午後一クラスと交流した。
各クラスとも自己紹介、ゲストテイチャーに対して質問タイム。その後、子供たちが考えたゲームで交流を深める。

3
年生は障害者との触れ合いは初めての体験授業と思うが、先生方の指導の賜物か物おじせず積極的に質問してくれたし、ゲームも障害者を考えたやり方を考えてくれていた。
「だるまさんがころんだ」ではみんなは尻を床につけて車椅子に合わせた動きを、
「ボーリング」は私がうまく手が利かないので、ボールを投げる位置を前にしてくれたり、
トランプの「ウノ」はやり方をみんなが教えてくれる。
パラリンピックで人気になった「ボッチァ」は紙製の手作りボールでやる。うまく投げられなかった。
が楽しくみんなとゲームをした。

今年の6月からスタートしたA小学校の福祉交流は26日をもって終わった。子供たちがそれぞれ何かをつかんでくれたらありがたい。

Pb260017
尻を床につけてだるまさんがころんだ
Pb260020
ペットボトルのピンでボーリング
Pb260035
教わりながらウノゲーム
Pb260046
紙製のボールでボッチァ
Pb260032
給食ーけんちんうどんほか

2021年10月29日 (金)

A小学校6年生と屋外での体験(その2)

10月12日に続き1022日も雨の中6年生のほかのクラスと屋外での福祉教育を行う。
前回と同様約1km(片道)、歩道を歩き駅前の薬局まで、車椅子利用者にとって町の中は優しいかどうか、バリアーがあるかどうか見ながら感じながら往復する。
帰りは小雨になったので、子供たちに交代で車椅子を押してもらう。
子供たちは各人それなりに町中の様子をつかんでくれたことと思う。
ゲストテイチィチャーは視覚障害者のTさん、車椅子利用のOさんと一緒だった。

続いて今日29日も6年生の最後のクラスと屋外福祉教育を行う。
視覚障害者のTさん、車椅子利用のOさんと今日もゲストテイチィチャー。
2回と様変わりで雲一つない青空、ただし北風が強い。
天気がいいので薬局往復とも交代で子供たちに車椅子を押してもらう。
歩道が車道側に傾斜しているところは、注意しないと車道側に自然と車椅子が流れる。乗っている方は気が気でない。声を大きくして注意を喚起する。
Pa290007
薬局では子供たちに介助を頼む。ボケットから財布を出し、千円札とポイントカードを出し、見本のばんそうこうを見せ「これと同じものを」と頼む。なんなくクリアーする。
学校側のねらいは「障害を理解し共に生きることを考えるきっかけにする。」で、このねらいに少しは近づけただろうか。
Pa290003 
薬局でのレジ風景
Pa290009
学校に戻り振り返りー各自が一言ずつ

2021年10月16日 (土)

A小学校6年生と外で体験(その1)

10月12日、秋雨が霧状に降る日、視覚障害者のTさん、車椅子利用のOさんとA小学校6年生と交流。

今日は各グループとも校外での学習となる。雨が強ければ中止し屋内体育館での交流となるが霧雨状態なので外に出る。
T
さんはコンビニへ、Oさんは図書館へ、私はドラッグストアへ。
片道1km弱の道のりを、歩道の状況(車椅子にとって動きやすいか、狭くないか、段差の時は、踏切の時はなどなど)にバリアーはないか、お店の中は(車椅子が通りやすいか、商品の陳列方法は、価格表は見やすいか)など障害者にとって親切かどうかを考えてもらう。
Pa120004
Pa120007
帰りは小雨になったので、電動車椅子を手動に切り替え子供たちに交代で押してもらう。
押すことで歩道の凸凹、傾斜を感じてもらう。子供たちは押すのにかなり苦労していた。
学校に戻り振り返りをして解散。
Pa120008

2021年9月18日 (土)

A小学校4年生との交流

視覚障害者のTさん、車椅子利用のOさん、IさんとA小学校の福祉教育のゲストテイチィチャーとして9/17参加した。

学校側のねらいは「交流を通して障害をもった方を知る。」である。

午前中二クラス、昼食昼休みをはさんで午後二クラスと交流した。
各クラスとも4グループに分かれて、自己紹介、Q&A、子供たちが考えたふれあいを行う。
P9170025
P9170027


私のグループは(だるまさんがころんだ、ジェスチァークイズ)(もの当てクイズ、絵描きリレー)(だるまさんの一日、爆弾ゲーム)(ドッチボール、ボール投げリレー)をやった。
もの当てクイズは段ボール箱に手が入れられる穴をあけ、箱の中のものを手で触り当てるもの。挑戦者は私。結果としては全部当てたがヨーヨー、紙コップ、けん玉、トイレットペーパーのうちヨーヨーを最初カスタネットと答える。トイレットペーパーも難しかった。
Photo_20210918161801
絵描きリレーは最初にお題を見て私が描き、その絵を見て子供たちが加筆するもの。
私がお題ぶどうの絵を描いて子供たちにリレーさせたら、出来上がりはれんこんになる。
リンゴを描いてリレーしたら亀に化けた。
P9170013
給食はパンにコーヒー牛乳(1年に1)外で、なかなかうまかった。
P9170015
P9170014
授業中、子供や先生がノートパソコンを持ち歩き、床に置いたり手に持ったりしている。
聞いてみると、自宅学習の子供たちとリモート学習をしていたようだ。
世の中は進んでいる。

2021年9月12日 (日)

A小学校6年生との交流

コロナ禍のなかA小学校で福祉教育に参加のため、910日視覚障害者のTさん、車椅子利用のOさんと一緒に行ってきた。
小学生はコロナに抵抗力があるのだろうか。みんな元気いっぱいだ。
P9100002

学校側のねらいは「障害を理解し共に生きることを考えるきっかけにする。」だ。

午前中に二クラス、給食昼休みをはさんで午後一クラスと交流した。
授業は各人の自己紹介、ゲストテイチャーへの質問―特に障害に関してー、次回のスケジュールを決める。
自己紹介の時、オリバラで観たスポーツを話してもらう。
サッカー、野球、バレーボール、水泳、バトミントン、柔道と色々の競技名が挙げられた。
6
年生の次回の予定は校外のバリアフリーを調べるためお店や公共施設に行く。当日、雨の場合何をやるかを話し合う。ゲームとか遊戯の案が出る。
P9100005
P9100025

給食は菊花蒸し(きっかむし)、しおちゃんこうどん、煮浸し(ニンジン、モヤシ、ホウレンソウ)、ヨーグルト、氷ブドウと多彩だ。274円の給食はうまい。冷たいものは苦手なので、氷ブドウはヘルパーに食べてもらう。
久しぶりの学校訪問で、元気な子供たちに囲まれたら疲れが出る。
P9100020

より以前の記事一覧